Home

黒田真琴のブログ

しばしの旅へ。

pájaroは9月25日(月)〜30日(土)までお休みです。
旅する帽子屋はしばし台湾へと旅に出ます。
良い出合いがあると良いです。心も体もひとまわり大きくなる予感です・・・(汗)。

通常営業は10月1日(日)からです。よろしくお願いいたします。

秋の帽子たち

DSC_5088のコピー.jpgDSC_5093のコピー.jpgDSC_5092のコピー.jpg
だんだんと風が爽やかになって、秋めいてきましたね。
強い日差しの日もありますが、空が高くて青くて明らかに秋へ切り替わったように感じますね。
pájaroでも少しずつ秋の帽子たちがお目見えしています。
この時期はコットンやリネン、日よけでも秋色のものや、毛糸でも薄めのものを製作しています。一年で一番色々な素材が揃っているかもしれません。
DSC_5098のコピー.jpgDSC_5096のコピー.jpgmidori s.jpg

鎌倉のお散歩も気持ちよくなってきましたので、是非お出かけくださいね。
お待ちいたしております。

open 11:00~18:00
定休日 水・第3木曜日

*9月25日(月)〜30日(土)は遅い夏休みでpájaroは臨時休業です。
何卒よろしくお願いいたします。

Twitter→pájaro
Facebook→pájaro
Instagram→makotokuroda

Atelier kika 20周年!

DSC_4412のコピー.jpg
いつもお世話になっている、鎌倉のギャラリー、Atelier kikaが20周年を迎えました!
その企画展に参加しています。麻やコットン、日よけでも秋色の帽子を製作しました。

それにしても20年って凄すぎますよね〜。一人の子が成人してしまうんですから。

私は作家活動をはじめたきっかけが、Atelier kikaでの個展でした。
思い返せば15年ほど前でしょうか。作家としてのデビューがAtelier kikaだったのです。
恵まれていました。その時はカフェとギャラリーが別々の作りになっていて、私はカフェで写真展を、ギャラリーで帽子展を同時開催させていただいたのです。
無名で、何処の馬の骨ともわからないまだまだ素人の私に、初めての展示をそんな風にさせていただけたこと、店主の麻里子さんには本当に感謝しています。
これをきっかけに「自分の手で生きていく」、という覚悟が決まりました。

私はその前年に働いていた全ての仕事を辞めて、「帰ってきたら好きなことしかしない」と決めて長い旅に出たのです。そして帰ってすぐにその展示が待っていたのでした。

そのキカも20年。
展示を毎年させていただいて育てていただいて、私は鎌倉にアトリエストアを持つことができました。たくさんの仲間や大切な人たちに出会えたのも、アトリエキカがあったからだと心から感謝です。

Atelier kikaの20周年記念展は9月18日(日)までです。
キカに所縁のある作家たちの作品が様々で楽しいですよ!
是非pájaroとはしごしてくださいね。

Twitter→pájaro
Facebook→pájaro
Instagram→makotokuroda


夏を惜しんで

蝉の鳴き声もまだまだ聞こえる夏の日ですね。
夕方にはヒグラシの声も聞こえるようになりました。少し秋めいて来たのでしょうか。
夏が大好きなのに今年は雨が多かったりして、少しさみしく感じていましたが今になってまた夏の日差しが戻って来た感じがしますね。まだ少しは夏を味わいたいと思います。
akibou.jpgDSC_4934のコピー.jpgDSC_4942のコピー.jpg
この時期、巷では秋のお洋服を売っているのをちらほら見かけますが、ここ鎌倉や湘南ではもっと季節に沿ってその日の気持ちで服を着るのが似合っている場所です。
DSC_4938のコピー.jpgDSC_4946のコピー.jpg
まだまだ日差しは強いですし、帽子なら日よけは必要ですので少し秋めいた色合いの帽子を製作しています。
最近では10月上旬くらいまでは暑いので、コットンや麻の年中かぶれる素材のものも今が一年で一番数が多いかもしれません。毛糸が肌に合わないという方にもこの帽子は重宝されていますのでパハロには一年中置いています。

まだまだ暑いですが、季節や今の空気にあった帽子を製作していますので是非遊びにいらしてくださいね。お待ちいたしております。

パハロ
Open 11:00〜18:00
定休日 水・第3木曜日

Twitter→pájaro
Facebook→pájaro
Instagram→makotokuroda

お祝い

IMG_7549のコピー.jpg
先日は母の誕生日のお祝いに、平塚の割烹竹万へ行って来ました。
お盆で行ってみたいお店がお休みだったり、定休日だったりで今回初めてお伺いできたお店でした。竹林の見えるお部屋でゆったりと過ごしながら、美しいお料理をいただくことができました。つくづく日本料理って目で見ても美しくて繊細だな、と思います。
昼間から日本酒をいただいてしまい、私の方がすっかりテンションが上がってしまいました。
母は未だに仕事を続けていて本当に尊敬してしまいます。元気の源がもしかしたら働くことで、人から必要とされることで若く健康でいられるのかもしれません。
時々一緒にご飯を食べに行ったり、これからもう少し休めるようになったら一緒に旅行にも行けるといいな、と思います。
色々と自分のことで精一杯で親孝行が全然できていない。母を越えることがまだまだできなくて(きっとずっと出来ない・・・)、いつももどかしいのですが、もっと頑張らねばなー。と思います。

皆さんはお盆にはご両親や親戚に会いに行ったりしましたか?
祖父母も天国に行ってしまったので遠くに実家がある人を羨ましく思います。
近くに実家があるのは贅沢なことですが、遠くの「田舎の夏」に憧れを抱いたりします。
矢野顕子さんの唄う「children in the summer」という歌が好きで、この時期に聴くと子どもの時の夏休みの空気を想い出します。


パハロは8月通常通りの営業です。
Open 11:00〜18:00

定休日 水・第3木

pájaroの夏休みは9月25日(月)〜30日(土)を予定しています。

Index of all entries

Home

Search
Feeds

Return to page top