Home

黒田真琴のブログ

葉山から鎌倉へ

IMG_7197のコピー.jpg
葉山のアトリエpájaroにいらしてくださったみなさま、本当にありがとうございました。
最後は本当にたくさんのお客様にいらしていただいて、心が暖かくなりました。
最後の日には、ご近所のお客様が別れ際に泣くものだから、私もとうとうポロポロと泣いてしまいました。
それほど、愛された場所でしたし、私も大切にしていた場所でした。
でも新たな出発です!
旅に似て、どんなに好きな場所でも移動していくことで出会いと別れは大切なものを作り出して行きます。最後に残るものが本当に自分に必要なもの。
それはどこにいてもきっと同じで、私にとっては「人」だと思います。

場所を作ることで、会いに来てくれる人が一番大切だな、ってわかりました。

今度はまた鎌倉に帰ってきたので、再びお会い出来るお客様も多いでしょうね。

今は頑張って準備していますので、しばらくお待ちくださいね。
ペンキ塗り塗りを頑張っていますよ〜!

でもこの5年で3回目のお店なので、なんだか慣れている自分です・・・。
マスキングテープ貼ったり、色々な手順が前にもやったことがあって迷わない。全ての経験に無駄はないのですね・・・。

4月頭のオープンに向けて頑張りまーす!


みねあゆみさんからのギフト

DSC_4138のコピー.jpg
フラワーアーティストのみねあゆみさんから、素敵なプレゼントが届きました。
可愛いチューリップがたくさんです。心のこもった贈り物は本当に元気が出ますし、愛に溢れています。
こちらは残り少ない葉山のpájaroにいらしてくださったお客様にプレゼントしています。お好きな色を選んでくださいね。

フラワーアーティストのみねあゆみさんとは、葉山に来てから知り合いました。
お花だけではなくて、茶懐石のお料理教室もされていて、二足のわらじで私と同じような感覚の持ち主です。
美意識や価値観が似ていて、物事の美しさを引き出すことが得意で(それは醜さの中にも)、なんだか前世で双子なのでは?って思うんですよね。

今までの葉山でも楽しい企画をして来ましたが、鎌倉でも一緒に楽しいことをしてゆこうと話しています。

葉山のpájaroは28日(火)までです。
12:00~18:00 open

ぜひいらしてくださいね。お待ちいたしております。

Twitter→pájaro
Facebook→pájaro
Instagram→makotokuroda

与えられた時

DSC_4132のコピー.jpg
春色の軽やかな帽子が仕上がっています。
葉山のアトリエpájaroもあと少し、この場所を惜しんでお客様がいらしてくれてとても嬉しいです。ここでご縁があったお客さまはきっとこの先もご縁のある人。
「袖振り合わすも他生の縁」です。

葉山、駅からバス、3階の店舗という相当なハードルを乗り越えてこの場所に来た人はこの場所に共鳴して来た人です。絶対に前世か未来の生でも繋がってる人だと思います。
本当に面白い出会いがたくさんありました。

場所に惹かれるのは本当にご縁ですね。葉山に来たのは大切な人と出会うためだったと思います。
鎌倉の店舗に移転するのを決めたのもこれもご縁です。人って準備が整った時に色々なことが差し出されます。
でも準備が整っていないと、そういうことはやってきません。

以前BS-TBSの放送で2週にわたって放送された、ぐっさんこと山口智充さんがMCの番組に紹介されたことがありました。そしてその放送を見て遠くからやってきてくれたお客様がたくさんいました。それを見て未だにいらしてくださるお客様がいるのはありがたいことです。

その番組を見たあるご婦人、抗がん剤治療をされているそうで私の帽子を遠くからお求めにいらしてくださいました。
どの帽子もとてもお似合いで、「気持ちが明るくなる!」と言ってたくさん選ばれて帰りました。以前も同じような悩みを抱えているお客様から、「治療している間にもオシャレをしたい」と、本当に喜ばれたのは、私がこの仕事をはじめて予想もしなかったことでしたし、本当に嬉しかった出来事です。抗がん剤治療をしている友人にプレゼントしたいと選んでいただいたお客様もいらっしゃいます。
私の帽子は「いつも楽しい気持ちで過ごしてもらいたい、そしてそれを見た人もなんだか幸せになる」、そんなことを思って編んでいるので、伝わっているのがとてもありがたかったです。

そしてそんなお客さまが少しずつ増えてきて、3階までかなりの苦労をされて登って来られるのが心苦しく思ってきました。エレベーターやエスカレーターははつけられないし・・・。
さらにご年配のお客様、松葉杖のお客様、小さなお子様を連れてベビーカーをお持ちのお客様。たくさんのお客様にいらしていただけるのはありがたかったのですが、3階が少し心苦しく思いました。手すりは付いているのですが、皆さん自分の力で来ようとするので私がお手伝いできないのです。
1階の店舗なら中から見えるから、ドアを開けるとかのお手伝いはできますよね。例えばお客様があらかじめ電話してくれたりしたら手伝えるのに、と思っていたんです。でもそういうお客様に限って人に頼らないで自立していらっしゃる。

3階だからこそ、このゆったりした空気感に皆様をお迎えするのは嬉しいことでした。
でも体の心配や階段の心配なしで門戸を開くこともいいのかな、と思い始めた矢先に鎌倉移転の話がやってきました。

今度移転する場所は小山千夏さんのお店「旧fabric camp」です。現在千夏さんは鎌倉のご近所の雪の下、もっと広い場所に移転されるのです。3月3日オープンです(早い)!
そんな素敵な場所に私が入らせていただくことは、本当にありがたいことです。移転のタイミングで、お声をかけていただいたこと、バトンタッチな気持ちで頑張ろうと思います。
私はいつも色々なことをあんまりきっちりと決めていないのですが、身を委ねていると、現実が現れてくる。

旅に似て、何か苦しい状況になると必ず救いの手が差し伸べられる。でも必死で探し求めているわけではなくて、ただそこにいるという選択をしているだけなんです。

旅の途中、たくさんの人に出会います。中には騙そうとする人もいるし、騙されても笑って許せる人もいます。写真のシャッターを切るときも同じ。ここに自分の心が本当に動いているのかが、指先一つの感覚なのです。
これが第六感なのかもしれません。委ねることで見えてくる自分へのお便りだと思っています。

葉山のpájaroは2月28日(火)までの営業です。この場所も私の作るものに共鳴した大切な場所です。
おやすみなしの営業ですので是非いらしてくださいね。お待ちいたしております。

open12:00~18:00

Twitter→pájaro
Facebook→pájaro
Instagram→makotokuroda

あと少し。

IMG_7121のコピー.jpgIMG_7139のコピー.jpgIMG_7100のコピー.jpg
こんにちは。葉山のpájaroもあと少しの営業となりました。
残り少ない日々を大切に過ごしています。
いらしていただいているお客さまには口々に「さみしい〜!」と言っていただけて、ありがたい限りです。この前の店舗もそうでしたが、やはり場所って魂がこもるんですよね。
とても愛された場所だと思います。

思ってみたら、前の店舗は2階、今回の店舗はまさかの3階でかなりのチャレンジャーですよね。だからこそ、この場所には本当にアンテナが共鳴する人だけがきてくれたのです。
この場所で出会った人はきっと深いご縁のある方だと思いますし、これからもずっと繋がってゆく人なんだろうな、って思います。

今日はとっても可愛いおばあちゃまがいらしてくださいました。
3階ってだけで大変なのに、「頑張ってね」って栄養ドリンクまで持っていらしてくださいました。とても品の良い、日本語の使い方が美しい方で、私とお話をしにいらっしゃるのです。ゆっくりと腰掛けて、戦前の話や子供の時の話を楽しそうにしてゆかれます。
お店がなくなるのを惜しんでくれて、またお店が閉まるまでの間にいらしてくれるそうです。
こういうつながりは葉山だったからだと思います。先日は天皇皇后さまがご静養に来られている時に、一緒に手を振りに行きました。その方も、皇后さまのような美しい笑顔をなさる方で、きっとこれは葉山が作る空気感なんだろうなとなんとなく思いました。

たくさんの色々な世代の方に愛されました。小さなお子様にもとても喜んでもらえたり、子供たちには夢を与えたようです。キラキラの笑顔で「また来るね!」って言ってもらえたのは嬉しかったな。

美しくて愛のある手仕事が、この場所を通じて伝わったことが何よりのギフトでした。
今日は可愛いおばあちゃまが、子供のようなキラキラの笑顔で私に会いに来てくれたことが、この場所を選んでよかったと心から思える出来事でした。

あと少しの間ですが、皆様のお越しをお待ちいたしておりますね。

定休日 火・水
open 12:00~18:00

最終営業日の28日(火)は営業いたします。

Twitter→pájaro
Facebook→pájaro
Instagram→makotokuroda

寒いけど春を感じて。

今日は寒かったですね〜。みぞれまじりでしたが、こんな日こそ軽やかな春色の帽子を被って元気にお出かけしたいものです。
DSC_4124のコピー.jpgDSC_4127のコピー.jpg
DSC_4126のコピー.jpgDSC_4128のコピー.jpg
2月はぐっと冷え込むけど、梅の花も咲いたりして気持ちも春に向かって嬉しくなります。
pájaroでは、毛糸でも春色の優しい色合いの帽子や、コットンや麻の帽子もご用意しております。ぜひ色々とかぶって見てくださいね。
先日は関西のお客様から電話でお問い合わせいただきました。「関西の方でも展示はしませんか?」というありがたいお問い合わせです。しかし何せ手編みの帽子は時間がかかって、本当は色々な場所で展示をしたいのですが、なかなか出来ないのが現状です。
でももう少し先になりますが、もっと帽子の勉強をしたら色々な場所で展示ができると思いますので、しばしお待ちくださいね。
ブログの中の写真で気になるものがあれば、お送りすることもできますが、私の作る帽子はかぶってみると見た目と違った雰囲気になるのが特徴です。いろんな角度でかぶってみると一つの帽子とは思えないような表情があります。なのでもしも送らせていただくときは、そこをご理解いただき、楽しんでいただけましたらと思いますよ。
実際にお店にいらしていただくのが一番ですが、質問などにはお答えできますので、そのときはお電話かメールくださいませ。

さてさて、葉山のアトリエpájaroも2月いっぱいの営業です。日に日に寂しい気持ちでいっぱいですが、ぜひこの場所にも会いにいらしてくださいね。
お待ちいたしております。

火・水定休日
12時〜18時オープン
2月28日(火)の最終日は営業いたします。

Twitter→pájaro
Facebook→pájaro
Instagram→makotokuroda

Index of all entries

Home

Search
Feeds

Return to page top